単身赴任の秘密部屋

単身赴任中の妄想ブログです。

【スポンサーリンク】

PSAが高いため、前立腺の生検(経直腸生検)を受けてきました。

f:id:sasukex:20160923170829j:plain

PSAが6という値だったので、結局生検をすることになりました(4/22参照)。
この生検というのは、針をどこから前立腺に刺すかで2種類の方法があります。


経直腸生検術
→肛門に超音波のプローベを挿入して,画像を見ながら組織を肛門から針で採取する方法


経会陰生検術
→肛門に超音波のプローベを挿入して,画像を見ながら,陰嚢と肛門の間に針を刺して,組織を針で採取する方法

私が行った病院は、経直腸生検術で麻酔は行いません。


検査当日の朝
細菌感染防止のための抗生物質(レボフロキサシン250mg 2錠)を飲みました。
これはその後毎日計4日分出ました。



検査準備
血圧・体温を測り
抗生物質の注射を腕にしました(意外と痛かった^^;)


体温は27.5°とちょっとありましたが、検査には支障ないと判断されました。
(熱は緊張だったからかもしれません)



検査直前
検査室に連れて行かれて、下半身は裸になります。
椅子は仰向けになって両足を開きます(お産のような感じです)

カーテンがあるので先生や看護師さんの顔は見えません。

先生が名前を確認してから、このような音が出ますと言ってくれました。
それは針が飛び出す(針を戻す?)ときのバネの音(「ガッシャ」っという感じ)です。


【スポンサーリンク】





検査
今まであまり書いてませんが、緊張度はもうかなりなものです。
初めてということと、かなり痛みがあるのではという恐怖心からです^^;

針は全部で8回です。

最初は先生が指で触診しました。
その後超音波のプローベを挿入してきました。

これは結構鈍痛があります。
太いうんこを出したときの、肛門の周りのヒリヒリした感じがずっと続く感じです。

何か電子音もしますがよくわかりません。
(前立腺の位置を確認しているものと思います)

先生:「それではいきます」
私:「わかりました」

針が入ってくる感触がわかりますが、痛くありません。

先生:「それでは音がします」
私:「はい」

ガッシャン

先生:「1回目終わりました。どうでしたか?」
私:「大丈夫です!」

痛くなくてホッとする。

2回目の針が入ってきます。


・・・・・い、痛い
そっか前立腺の位置によって痛さが違うのかもしれない

先生:「はい音がします」
私:「はい」

ガッシャン

先生:「次いきます」
私「はい」

針が入ってくる・・・痛い!

先生:「はい音がします」
私:「は、はい」

カーテンで顔は見られてないが、痛さで顔が歪んでいるのがわかる。




4回めが終わって


先生「はい、あと半分ですからね~」
私「(え~まだ半分(T_T)・・・わ、わかりました」

しかし、まだ我慢出来る程度の痛さでした。

なんとか8回耐えました(汗)



検査直後
器具を抜いてから、先生が出血がないかの触診がありました。
特に異常なく検査は終了。

もうやっと終わったということで、しばらく放心状態でした。

検査時間は10分位でしたが、もっと長く感じました。

針を刺したという痛さはありません。
しかし、やはり器具を入れた肛門周辺の鈍痛が残りました。



検査後の当日
事前の説明では、注意事項とし下記4つがありました。

①体温がて38°以上の熱が出たらすぐに病院に連絡→平温
②血尿が出る
③血便が出る
④精子に血が混ざる


不思議と検査直後の尿や便には血は見た目はわかりませんでした。
しかし、夜にトイレに行くと明らかに赤っぽい色の尿と便にも血が混ざっているのがわかりました。
精子は確認なし。


検査後1日目
①体温がて38°以上の熱が出たらすぐに病院に連絡→平温
②血尿が出る→赤っぽい
③血便が出る→多少あり
④精子に血が混ざる→確認なし


検査後2日目
①体温がて38°以上の熱が出たらすぐに病院に連絡→平温
②血尿が出る→赤っぽい
③血便が出る→通常
④精子に血が混ざる→赤い


検査後3日目
①体温がて38°以上の熱が出たらすぐに病院に連絡→平温
②血尿が出る→多少赤っぽい
③血便が出る→通常
④精子に血が混ざる→赤い


検査後4日目
①体温がて38°以上の熱が出たらすぐに病院に連絡→平温
②血尿が出る→通常
③血便が出る→通常
④精子に血が混ざる→赤い(ちょっと薄くなってきた)

現在までこんな感じです。
精子の方もじきに正常になると思います。
今だに排便時は肛門の鈍痛はあります。

これから前立腺のPSA検査で基準値を超えて、生検を受ける人に少しでも参考になればと思います。

単身赴任とGW

世間ではGWで9連休の人もいるとか?
もう夏休みより社会人の長いですよね^^;

私はGWは特に関係なく、たまたま6、7日が連休になっているだけです。
今日は東旭川にあるリムカフェにパソコン担いで来ています。

f:id:sasukex:20170506100356j:plain

このカフェは一人でもまったりと過ごすことができて、たまに来ています。

もう単身赴任も長いので、あたりまえのように一人であちこち行っています。
他の単身赴任の人の休日というのはどんな感じなのでしょうか?

部屋の掃除や洗濯などで終わる人も多いかもしれません。
けどそれではおもしろくないですよね・・・。

f:id:sasukex:20170506101503j:plain
ブラジルとスコーン

単身赴任は真面目に考えずに、少しは遊んで見ればいいと思いますよ
もちろん遊びすぎはダメですが、人様の迷惑のかからない範囲で遊んでみてはいかがですか?
その方が精神衛生上もいいと思います。

単身赴任で休みも寝てばかりというのではいけません!
どんな遊びがいいのか?

そこは男性なので女性に興味を持っていれば、単身赴任もいろいろ楽しめると思いますよ。
休みで誰とも話すことがない時もある単身赴任ですが、話す気があればレジのお姉さんやカフェの従業員でも機会はあるものです。

どうですか?
あなたも一歩踏み出てチャレンジしてみませんか?

単身赴任は孤独だが楽しみも多し

先日NHKのニュースで、配偶者が死別した場合
一日中誰とも話さない割合は男性が多く40%近くになっていました。

これと単身赴任とはまた違いますが、単身赴任中の休みにおいては誰とも話さないということはよくあることです。

単身赴任はこのように孤独になったときに楽しがあるかどうかで生活も全然変わってきます。
場合によっては精神的にやんでしまう人もいるのではないでしょうか?

まじめな人こそそうなってしまうのかもしれません。

単身赴任で不倫をすすめるわけではないですが、女性に対する興味はいつになっても抱きたいものです。
そういう興味があれば、たとえ妄想であっても単身赴任は楽しが出来るものなのです。
f:id:sasukex:20160923170842j:plain


妄想のススメ

妄想ではどんなことをしても法律に触れることにはなりません。
単身赴任の楽しみとしてはお金もかからないし誰にも迷惑もかかりません(笑)

単身赴任者が職場以外の人と話す機会はあまりありません。

スーパーのレジや郵便局や銀行、カフェくらいではないでしょうか?
この僅かなとこで話し相手ができれば、単身赴任もぐっと変わってきます。

勇気を出して、かわいいなぁと思う人が積極的に一言二言声をかけてみませんか?

PSAが高いと言われました。

f:id:sasukex:20160923170829j:plain

PSAは、前立腺の腫瘍マーカーであり一血液検査の基準値は4ng/mLとされています。
私は現在6であるために基準値を超えている状態です。

PSAが高くなる原因は前立腺癌や前立腺炎、前立腺肥大などがあります。
一般的にPSAが高くなれば癌の確率も高くなっていきます。


あまりいままでPSAそのものを知らないままに生活していましたので、初めて前立腺癌の可能性があることを知って青くなってしまいました。

今度大きな病院に行って、受診する予定になっています。
最終的には生検という細胞を採っての検査でなければわからないみたいです。

【スポンサーリンク】



しかしこの生検を受けるには全身麻酔や下半身麻酔が必要とのこと。
今まで入院なんて一度もない私はこれだけでくらくらしてきました(涙)

こういうときに単身赴任のように一人暮らしは、マイナスなことばかりを考えてしまいます。
話し相手がいれば気がまぎれるのかもしれませんが・・・。

とにかく自分には自覚症状は全くありません。
癌であったにしても早期発見ということであればいいのですが、結果が出るまでは毎日ブルーです。

皆さんも人間ドックや健康診断を受けているとは思いますが、PSAは一般的にはオプションとなっております。
男性で50代になる方は、PSAを検査項目に入れてみてはいかがでしょうか?

冬の北海道はマジ寒い[逃げ恥] [恋ダンス]

単身赴任してると、帰ってきた時の部屋が寒いのなんのって・・・。
ストーブをつけて部屋が暖まるまでにしばらくかかります。

その間はストーブの真ん前に座ってわずかでも熱エネルギーを吸収しようとしてしまいます。

朝だって、休みの日などは布団からでられません。。。

したがってどうしても引きこもりになります(汗)。
(寒くなくてもひきこもりですけどね・・・)

f:id:sasukex:20160923170843j:plain

引きこもりとなると当然ネットかテレビということになります。


世の中の単身赴任の皆さんは休みは一体何をしているのでしょうか?

いろいろな趣味に没頭している人がうらやましいです。
よく、料理の写真をインスタにアップしている人もいますが私には到底出来ません。

続きを読む

社交不安障害について(SAD)

f:id:sasukex:20160923170839j:plain

ひと昔には、社会不安障害と言われていました。

主な症状は、人前で話したり・文字を書いたり・電話したりするときに緊張するために、動悸や震えなどを通常の人よりも過敏に症状として出る人のことを言います。

この症状が進んで、登校拒否や出社拒否などを起こす場合もあります。
また、うつ病との合併を起こしやすいとも言われています。

私の場合は、スピーチ恐怖症で人前で話すと異常に緊張してしまい声が震えてしまいます。

日本での治療方法は薬物療法が主体となっています。
抗不安薬やSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)も有効となっています。

欧米では、薬物治療の他に認知行動療法が進んでいます。
残念ながら日本ではごく一部の病院だけとなっています。

アメリカのデビット・D・バーンズ博士の著書「不安もパニックもさようなら」は画期的なものです。


実際の治療の体験や、認知行動療法の例がたくさん掲載されています。

社交不安障害の方は、薬に頼りがちになりますがこの本を読めば今までの考え方が根底から変わるかもしれません。
750Pと全て読むには根気も入りますが、興味があれば一気に読めると思います。

読んだだけでも薬とは違う改善が起こるかもしれません。
また合併症として、うつ病を併発されるかたも多いのですが、そういった人にはデビット・D・バーンズ博士の著書「いやな気分よ、さようなら コンパクト版」がオススメです。

私の場合はこれらの本と薬物療法を併用していましたが、今では薬は頓服で飲む程度に改善されてきました。

社交不安障害のことを詳しく知りたいのであれば、日本での第一人者である貝谷 久宣さんの著書「社会不安障害のすべてがわかる本 」と山田和夫の著書「図解 やさしくわかる社会不安障害」がオススメです。

最後に認知行動療法の本として、貝谷 久宣さんの著書「図解 やさしくわかる認知行動療法」がとてもわかりやすく安心して読み進むことができると思います。

単身赴任の空き時間で儲ける

f:id:sasukex:20160923170830j:plain

単身赴任は、食事や掃除・洗濯などで意外と自由になる時間は少ないものです。

しかし、そこは一人生活のため家族のいない時間帯は長く趣味がなければもったいない感じです。

私は単身赴任を利用して「アフィリエイト」やってたみたいと思っていました。
ブログをwordpressで作成して、アフィリコードを貼り付けていろいろやってみました。

なぜかブログだとしっくりこないものがあり、悶々としていました。
その時に「はったらかしでも月10万円!ミニサイトで儲ける法」:和田 亜希子著を見つけました。

即アマゾンで取り寄せて一気読みしました。

この本はどうやって儲けるかのハウツーものではありません。
儲けるために手助けになるサイトをどうやって構築していくかが丁寧に描かれています。

ブログの場合には、構築法はどうして日記風になってきてしまい終わりなり戦いみたいです。

しかし、ミニサイトならば一度構築さえしてみればいいのです。

もちろん、それだけではアクセスは集まりませんがそれはブログでも似たようなものです。

すぐに1サイトを作り、現在はいろいろ見栄えのいいよう・読みやすいようにに直しています。

ブログ違って終わりが見えているだけにやる気が全然違います。

ブログがいい人、ミニサイトがいい人に分かれると思いますがミニサイトに出会ってから道が開いた感じです。

皆さんもこれから寒くなる時期に、ミニサイトでも作ってみませんか?