読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単身赴任の秘密部屋

単身赴任中の妄想ブログです。

【スポンサーリンク】

単身赴任は孤独だが楽しみも多し

先日NHKのニュースで、配偶者が死別した場合
一日中誰とも話さない割合は男性が多く40%近くになっていました。

これと単身赴任とはまた違いますが、単身赴任中の休みにおいては誰とも話さないということはよくあることです。

単身赴任はこのように孤独になったときに楽しがあるかどうかで生活も全然変わってきます。
場合によっては精神的にやんでしまう人もいるのではないでしょうか?

まじめな人こそそうなってしまうのかもしれません。

単身赴任で不倫をすすめるわけではないですが、女性に対する興味はいつになっても抱きたいものです。
そういう興味があれば、たとえ妄想であっても単身赴任は楽しが出来るものなのです。
f:id:sasukex:20160923170842j:plain


妄想のススメ

妄想ではどんなことをしても法律に触れることにはなりません。
単身赴任の楽しみとしてはお金もかからないし誰にも迷惑もかかりません(笑)

単身赴任者が職場以外の人と話す機会はあまりありません。

スーパーのレジや郵便局や銀行、カフェくらいではないでしょうか?
この僅かなとこで話し相手ができれば、単身赴任もぐっと変わってきます。

勇気を出して、かわいいなぁと思う人が積極的に一言二言声をかけてみませんか?

PSAが高いと言われました。

f:id:sasukex:20160923170829j:plain

PSAは、前立腺の腫瘍マーカーであり一血液検査の基準値は4ng/mLとされています。
私は現在6であるために基準値を超えている状態です。

PSAが高くなる原因は前立腺癌や前立腺炎、前立腺肥大などがあります。
一般的にPSAが高くなれば癌の確率も高くなっていきます。


あまりいままでPSAそのものを知らないままに生活していましたので、初めて前立腺癌の可能性があることを知って青くなってしまいました。

今度大きな病院に行って、受診する予定になっています。
最終的には生検という細胞を採っての検査でなければわからないみたいです。

【スポンサーリンク】



しかしこの生検を受けるには全身麻酔や下半身麻酔が必要とのこと。
今まで入院なんて一度もない私はこれだけでくらくらしてきました(涙)

こういうときに単身赴任のように一人暮らしは、マイナスなことばかりを考えてしまいます。
話し相手がいれば気がまぎれるのかもしれませんが・・・。

とにかく自分には自覚症状は全くありません。
癌であったにしても早期発見ということであればいいのですが、結果が出るまでは毎日ブルーです。

皆さんも人間ドックや健康診断を受けているとは思いますが、PSAは一般的にはオプションとなっております。
男性で50代になる方は、PSAを検査項目に入れてみてはいかがでしょうか?

冬の北海道はマジ寒い[逃げ恥] [恋ダンス]

単身赴任してると、帰ってきた時の部屋が寒いのなんのって・・・。
ストーブをつけて部屋が暖まるまでにしばらくかかります。

その間はストーブの真ん前に座ってわずかでも熱エネルギーを吸収しようとしてしまいます。

朝だって、休みの日などは布団からでられません。。。

したがってどうしても引きこもりになります(汗)。
(寒くなくてもひきこもりですけどね・・・)

f:id:sasukex:20160923170843j:plain

引きこもりとなると当然ネットかテレビということになります。


世の中の単身赴任の皆さんは休みは一体何をしているのでしょうか?

いろいろな趣味に没頭している人がうらやましいです。
よく、料理の写真をインスタにアップしている人もいますが私には到底出来ません。

続きを読む

社交不安障害について(SAD)

f:id:sasukex:20160923170839j:plain

ひと昔には、社会不安障害と言われていました。

主な症状は、人前で話したり・文字を書いたり・電話したりするときに緊張するために、動悸や震えなどを通常の人よりも過敏に症状として出る人のことを言います。

この症状が進んで、登校拒否や出社拒否などを起こす場合もあります。
また、うつ病との合併を起こしやすいとも言われています。

私の場合は、スピーチ恐怖症で人前で話すと異常に緊張してしまい声が震えてしまいます。

日本での治療方法は薬物療法が主体となっています。
抗不安薬やSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)も有効となっています。

欧米では、薬物治療の他に認知行動療法が進んでいます。
残念ながら日本ではごく一部の病院だけとなっています。

アメリカのデビット・D・バーンズ博士の著書「不安もパニックもさようなら」は画期的なものです。


実際の治療の体験や、認知行動療法の例がたくさん掲載されています。

社交不安障害の方は、薬に頼りがちになりますがこの本を読めば今までの考え方が根底から変わるかもしれません。
750Pと全て読むには根気も入りますが、興味があれば一気に読めると思います。

読んだだけでも薬とは違う改善が起こるかもしれません。
また合併症として、うつ病を併発されるかたも多いのですが、そういった人にはデビット・D・バーンズ博士の著書「いやな気分よ、さようなら コンパクト版」がオススメです。

私の場合はこれらの本と薬物療法を併用していましたが、今では薬は頓服で飲む程度に改善されてきました。

社交不安障害のことを詳しく知りたいのであれば、日本での第一人者である貝谷 久宣さんの著書「社会不安障害のすべてがわかる本 」と山田和夫の著書「図解 やさしくわかる社会不安障害」がオススメです。

最後に認知行動療法の本として、貝谷 久宣さんの著書「図解 やさしくわかる認知行動療法」がとてもわかりやすく安心して読み進むことができると思います。

単身赴任の空き時間で儲ける

f:id:sasukex:20160923170830j:plain

単身赴任は、食事や掃除・洗濯などで意外と自由になる時間は少ないものです。

しかし、そこは一人生活のため家族のいない時間帯は長く趣味がなければもったいない感じです。

私は単身赴任を利用して「アフィリエイト」やってたみたいと思っていました。
ブログをwordpressで作成して、アフィリコードを貼り付けていろいろやってみました。

なぜかブログだとしっくりこないものがあり、悶々としていました。
その時に「はったらかしでも月10万円!ミニサイトで儲ける法」:和田 亜希子著を見つけました。

即アマゾンで取り寄せて一気読みしました。

この本はどうやって儲けるかのハウツーものではありません。
儲けるために手助けになるサイトをどうやって構築していくかが丁寧に描かれています。

ブログの場合には、構築法はどうして日記風になってきてしまい終わりなり戦いみたいです。

しかし、ミニサイトならば一度構築さえしてみればいいのです。

もちろん、それだけではアクセスは集まりませんがそれはブログでも似たようなものです。

すぐに1サイトを作り、現在はいろいろ見栄えのいいよう・読みやすいようにに直しています。

ブログ違って終わりが見えているだけにやる気が全然違います。

ブログがいい人、ミニサイトがいい人に分かれると思いますがミニサイトに出会ってから道が開いた感じです。

皆さんもこれから寒くなる時期に、ミニサイトでも作ってみませんか?



単身赴任の楽しみ〜カフェにパソコンを

私の場合、平日の休みが多いのが大きなメリットになっています。


平日の休み=どこに行っても混んでいるということがありません。
唯一、ランチどきはコーヒー専門のカフェ以外は空いています。


空いているということは、結構カフェに長くいても大丈夫かなと思っています。


もちろん、それなりに注文はしますけど^^;


カフェでのパソコンは私にとって一番ほっこりする時間でもあります。


パソコンでなにをやっているかというと


このように単身赴任のブログに書き込みすることもありますが
趣味であるプログラミングをやる時間帯でもあります。


カフェにパソコンを持ち込めるところは限られると思います。


一種の目安としては、新聞や週刊誌などを置いているところが多いと思いますがそれとは別に小説等の書籍を置いているところは、ゆっくり出来る傾向にあると思います。


単身赴任で新しい環境に行ったのならば
新しい職場や住居などが落ち着いたらカフェ巡りです!


そこでパソコンを持っていけて、落ち着いて出来るところを探すのです。
ただし、パソコンで何もすることがないという場合はこれは該当しません(>_<)


何もないという人はなにかパソコンを使って勉強してみるというものいいでしょう。
また、サイドビジネスとしてアフィリエイトに挑戦してみるのもいいと思います。


カフェでパソコンが出来れば、単身赴任においては強力な武器になると思います!

カフェに持ち込むパソコンのスペック

f:id:sasukex:20160923170831j:plain

パソコンのCPUやSSDやHDDの容量は何に使うかによりますが、私みたいにプログラミングやブログに書き込みするくらいならば高スペックでなくて十分です。


大きさは、持ち運びが便利なようになるべく小さい方がいいです。
11インチくらい


ハードディスクよりもSSDタイプの方が静かでいいと思います。
SSDを使ってしまうと起動やシャットダウンが早いのでHDDには戻れなくなります^^;


バッテリーの時間はフル充電していけば、半日くらいは大丈夫かと思いますのでそんなに気にする必要はないでしょう。


カフェによっては、テーブル近くにコンセントがあって使用可能なところもありますがそういうところはごく稀です。


仮に近くにコンセントがあっても常識的に使うことはやめましょう。


購入はネット通販が便利で安いです。
検索すればたくさんでてくることでしょう。


またオークションで中古のパソコンという手もあります。


ちなみに私は、MacBookAir(11インチ)を使用しています。
重くないですし、SSDで快適です。


インターネット環境ですが、私はつなぐときはテザリングをしていますがカフェでの作業時はほとんどネットは繋いでいません。


また、必要なブログ等を見たいときには家でのWifi環境時にダウンロードしてカフェでゆっくり見るようにしています。


カフェによっては、Wifi環境もあるところがあるのでそういうところだとデータ通信量を気にせずパソコンを使用できていいと思います。

なぜカフェでパソコンか


別に単身赴任でも自分の部屋でやればいいだろいう人もいると思います。
しかし、休みの日に部屋から出るこそが重要なのです。


部屋にこもっていれば気分の低下傾向になってしまいます。
誰かと話すことができればいいですが、カフェで外の空気を吸うだけでも気分は違うものです。


また部屋にいるときとは違う、ある程度の緊張感もあるのです。


私は単身赴任においては、カフェに行くことの重要性はかなりなものだと思っています。
(単身赴任でなくても、独身などで人との関わりが狭い人にもオススメいたします。)


ここでカフェとパソコンならばネットカフェが便利ではないか?
という人もいるでしょう。


しかし、ネットカフェは個室に分かれているのでどちらかというと、自分の部屋にいるのと似たような環境になってしまうのでオススメできません。


それにそれに・・


カフェに行けば、人間観察ができます^^;


男性ならば女性にはすぐ目がいっちゃうものでしょう(笑)


なんども通うと、このカフェの客層などもわかってくるものです。


主婦層や学生層などまちまちですが、傾向はあるものです。


単身赴任の身分からすれば主婦層からJK層まで興味はあるでしょう〜


見てるだけでかなりの脳への刺激間違いなしです!


同じカフェ内で若い女の子が楽しそうにしているだけで
おじさんはアドレナリンが出てくるものです^^;


カフェの楽しみいかかがですか?
もちろんパソコンなくても、ただ単にコーヒー飲み行くだけでもいいのです。


そこには未知の空間があるのですから〜

単身赴任の密かな楽しみ

単身赴任と独身はまた違うと思います。
独身の場合にはある程度制約なしに遊べますが、単身赴任となるとある程度遊ぶにしても限られてきます。


単身赴任でも、今がチャンスと思っていろいろ遊ぶ人もいるとは思います。
私はというと・・・それはやっぱり男ですからね〜(笑)


しかし、私の場合はそういうチャンスもなかなかないのでプラトニック派です。(古っ!)


基本的に連休の場合には自宅に帰っていますが、平日の単発の休みの時などは赴任先でまったりしています。


そういう時は、カフェやラーメン屋巡りするのが楽しみの一つです。
それとともに、リアルと妄想を絡めた物語を作るのも密かな楽しみになっています(笑)。

単身赴任とカフェ

f:id:sasukex:20160923170842j:plain


私の楽しみはなんと言ってもカフェ巡りです。
特に甘い物好きの私にとっては、ケーキやパフェなど毎日でも食べてみたいくらいです。


またカフェの楽しみはそれだけではありません。
店によっては、店主などの人とのコミュニケーションも楽しいものです。


知らない土地に来ての単身赴任は寂しいものです。
普通に生活していては、休みの日も誰とも話さないということはザラにあります。


こういう時にカフェで知らない人と話し合えるということは、実は単身赴任の生活において精神衛生上も大切なことだと思います。


一人でこもってしまう人もいますが、どうしても家族のことや仕事のことなどマイナスに考えがちになってしまいます。


単身赴任をすると「うつ」になってしまう人が最近は多いみたいです。
これも一人でいることで、考えすぎてしまう傾向にあることが原因になっていると私は思います。


単身赴任というからには、既に30代半ばからそれ以上の年代にあると思います。


家族と一緒にくらいしていてからの単身赴任生活は、それだけでも負担になってくるでしょう。
それ以外にも新しい職場での人間関係も、大きいな不安要素になるのは間違いありません。


逆に職場での人間関係がうまくいくのならば、新しい環境でも楽しい生活が待っていると思います。


職場でのストレスと単身赴任の孤独的なもの・・・

一つの解決策がカフェ巡りです。

いろいろなカフェに行ってみて、お好みの飲み物や食べ物を見つけることもストレス発散につながると思います。

そして自分の行きつけのカフェが出来ると、店主の人や他のお客さんと話す機会も出来てきます。

人と関わること・・・

これは単身赴任にとっては重要です。
職場以外の人との関わりこそ「きも」です。


今ではインターネット上のSNS上で、簡単に会ったことのない人とコミュニケーションをとることができます。


メールやラインなどでやり取りしていると、実際に会っているような錯覚を覚えるものです。
もちろん何もないよりは、刺激なっていいと思います。


しかし、直接会うこと、今の言葉で言えば「リアル」な世界こそ最もいい刺激なのです。


単身赴任に限らず、独身の男女や結婚して同居している人でもカフェ巡りをおすすめいたします。

単身赴任と妄想

f:id:sasukex:20160923170843j:plain


妄想自体は別に単身赴任でなくてもできますが、単身赴任でこその妄想もあるのです(笑)。


妄想ならばどんなことをしてもいいので、単身赴任中は頭をフル回転さてれば脳も活性化されますよ!


男の妄想ですから、それはやはり女性に対するものになります。


しかし、妄想だけではダメです。


リアルな世界を経験してからの妄想が一番効果?があるのです。


そこでカフェ巡りが役に立ってくるのです。


特にカフェの店主や従業員が女性ならばそこからどんどん妄想ができます。
どんな妄想をしているのか?


それはこれからどんどん出していきますので気長にお待ちください・・・。
誰も待ってないか(汗)


単身赴任や独身者、結婚してても孤独を感じている人などこのブログで癒されたらいいのですが・・・.